観客席散歩の倉庫

 

l        七月の芝居の倉庫

ゴキブリコンビナート「報復ファンタジア」於ウエストエンド 2001/07/29  2001/07/29

今月最後の芝居見物(明日は稽古が二つあるので・・・)は自転車をスッ飛ばして中野のウエストエンドへ行って来ました。

楽日のせいなのかそれともいつもこうなのか、満員の客席では常連とおぼしき前列の客さんが配られたレインコートに身を包み、観劇に備えていました?? すでに序曲代わりの芝居が始まっている舞台の周りで・・・

それもそのはず、開演するとまもなく客席には水や飯粒をはじめとして、豚の臓物や粘液など、いろいろなものが飛び散ってきました。 僕の席は後ろのほうでしたので、配られた新聞紙で大概のものは防げましたが、暗転直前に顔に直撃した豚さんの内臓とおぼしき物体だけは避けきれませんでしたね。

しかしまあ楽しい、と言うと語弊がるかもしれませんが、久々に心の内から湧き出した叫びみたいなものを感じました。

もちろん観ている方の好き嫌いがハッキリと分かれる芝居ではあると思いますが、何も感じさせてくれない外形だけの芸術的(?)な芝居よりは魅せられるものが多いような気がします。 僕にしてみれば、技術よりも伝えるべきものが重要だという典型のような芝居でした !!

 

 

PRESENTGHOST於武蔵野芸能劇場 2001/07/28  2001/07/29

旗上げ公演の初日という事もあってか、まず最初に出演者の方々の緊張が伝わってきましたね。 そのせいか皆さんの声の堅さが気になりました、一幕目の終わりくらいまでズッと、これは僕の心に最初に生まれてしまった大丈夫かな?という不安感のせいでしょうか・・・でも後半に入るとだいぶ声にノビも出てきたように思います。

で、芝居のほうですが、僕自身の中にはミュージカルとか新劇とか小劇場とか商業演劇とか児童演劇とかというジャンルの意識はあまりないんですよね。

もちろん表現方法やシステムといった、スタイルの違いは判っていますけど、どれも芝居は芝居だろう ! って感じで・・・大雑把なんですかね、O型だから()

どんな芝居でも役者のやる仕事は同じだと思っちゃうんですよ、だからジャンル別けをしても意味がないって・・・でも人に説明するときには便利だから使いますけどね。

だから役者さん同士で話していて違うジャンルの芝居を否定しているのを聞いたりするととても寂しい気持ちになります、芝居に携わる人間が芝居を否定してどうするの?!って、挑戦してくれるといいんですけどね、そういう役者さんたちがそのジャンルに! 否定するんじゃなくてこうあるべきだろうって示して欲しいですよ、好き嫌いで判断していいのは観客の立場である人達だけじゃないんでしょうか?  自分にはできない! と言うなら話は判りますけど・・・

僕自身は今ミュージカルはできないと思いますね、歌も踊りもレッスンサボっちゃってますから・・・やれと言われれば努力はしますけどね。

でもミュージカルでは歌と踊りの技術はやはり重要だと思いますよ、もちろんそれだけあればいいというものではありませんがね。

先日も書きましたが、役の気持ちを表現し、芝居をよりよく伝えていくためには無理に作り上げた気持ちではなく、演じている本人の気持ちがチャントそのように動いていないと、なかなか観客の心に届かないと思うんです。そしてそれをより良く伝えるためには技術は必要なんだと思っているのです、決して技術を見せるための技術としてではなくてですが、違いますかねぇ ?

もちろんまだまだこれからスタートの方々ですし、いまから完璧にできあがっていたら気味悪くなっちゃいますから、若さを爆発させて思い切りやっていただきたいですね、これから先いろいろな方面で活躍していかれる皆さんだと思いますので・・・

 

 

夢援隊CompanyTIME~滅びの國~於萬スタジオ 2001/07/27  2001/07/27

芝居の筋立てとしては面白いと思うのですが、イマイチ心を揺さぶられなかったのが気になります。

最近の若い役者さんに多いんですけど、なんだか気持ちを作らなくちゃとか、こう表現しなくちゃとかってリキ入りすぎてしまって本当の役の気持ちが伝わってこない部分があるんですよね。

本人は一所懸命やっていらっしゃるつもりなんでしょうけど、やはり作りものの見せ掛けだけではなく、演じている本人の気持ちがチャントそのように動いていないと、なかなか観客の心は動かないと思うんです。

アクションも同じだと思うんですよ、蹴っているフリをする、殴っているフリをするというのと、芝居で蹴る、芝居で殴るというのはやっぱり違うんではないかと・・・

よくミュージカルを観て、なんでそこで歌うの?とか言う人もいますが、僕はなんでも認めちゃうほうなんですよ、そこにちゃんと伝えるべき役の気持ちが表れていれば、ですけど・・・アクションでもダンスでも同じように、その技術を観せるのが目的ではなく、その劇団がご自分の芝居を創り上げ、よりよく伝えていくために必要なスタイルなんだと思っているのですが、違いますかねぇ ?

もちろん心の琴線に触れる場面がなかったわけではないんですよ、最後のほうで遙が孝に頭を触られた場面での反応などは涙が溢れそうになりましたから・・・

これから楽日まで毎回のように芝居が変わっていき、もっともっと素晴らしい芝居に成長していくと思います、そうなるべき芝居だし、それができる皆さんだと思いますので・・・

 

 

東京たっちゃぶるS4人のメロス」於千本桜ホール 2001/07/26  2001/07/27

銀座小劇場を出て地下鉄から東急で学芸大前へ、貧乏役者の味方[平日マック]で腹ごしらえと台詞暗記をしながら空き時間を潰してから千本桜ホールに入りました。

実はこのお芝居、以前竹村氏から出演の打診があって、台本も読ませていただいたことがあったのですが、残念ながらスケジュールが合わず、泣く泣くお断りさせていただいたという経緯があったのですが・・・僕なんかが演るよりズッと良かったのでは、と思えます。

個性的なその役者さん(丸山哲司氏)はきっちりと芝居を締める存在感を示していましたし、ほかの方々も熱の入った芝居でそれぞれの役を伝えてくれていますので、説明台詞の多くなりがちな探偵物の芝居も飽きることなく楽しめると思います。

 

 

グーフィー&メリーゴーランドCASTIGADOR 2於銀座小劇場 2001/07/26  2001/07/27

今週は観る芝居がイッパイあって予定がタイトに詰まっているので、グーフィーさんには申し訳ありませんでしたが初日前の有料公開ゲネプロを観せていただきました。 この公開ゲネというシステム難しい存在だと思います、本来ですと[創ってきた芝居の最終チェックとして観客に観てもらい、知らず知らずに偏ってしまった演出の不具合や役者の勝手な思い込みを正し、自分達では気づかなかった点を本番に向かって修正するという目的のために行われる]という非常に理想的な最終チェックであると思うのですが、まかり間違うと役者や演出、そして観客にさえも本番じゃないからなァという甘えがでてきてしまうと思うのですよ。

 で、グーフィーさんの芝居ですが、個性的なキャラに彩られたおもしろい芝居に仕立てられていると思うのですが、狭い舞台でのセットの組換えの音やその置き場所のための出入りの困難な様子、そしてそれが気になってなのか、台詞のカミ合いをしてしまう場面が多くあって、観客が芝居に集中できなかったというか、芝居に引き込まれていかなかったのが残念なところです。

でも、それらは全て夜の初日開演までに修正できる部分です。 演じている方達からもこのままではいけない! という思いは感じ取ることができましたし、あのままで済ますグーフィー&メリーゴーランドさんではないはずです。

きっとあの公開ゲネを活かした、素晴らしい舞台を創りあげてくださっていると思います。

 

 

TABASCO「舞台に立ちたい」於阿佐ヶ谷/アルテ・パティオ 2001/07/20  2001/07/21

前日の東京帰着が遅くなってしまい観に行けないと諦めていたのですが、20日の稽古が夜だけになったので稽古前に行ってきました。

定員イッパイに入った小屋の中で展開された芝居は、単なる既成ミュージカルのメドレーの抜粋でも、安易なバックステージものでもなく、観る者の心に女性三人のそれぞれの生き方を感じさせてくれて、なかなか素敵な芝居に仕上がっていたと思います。

チョット気になったのはヴォーカルとMのバランスが悪くて唄が聞こえづらいとこが何ヵ所かあったことですね、Mが前に出すぎているという感じでした。

でも、幼児体型(失礼!)から美人体型に変身した村上チャンも他のお二人も、力一杯演じ、表現している姿は、なかなか魅力的でしたよ!!

 

 

たこやきキラーズ「夏の思い出」於下北沢/OFFOFFシアター 2001/07/13  2001/07/14

最盛期の頃の女性だけの劇団[青い鳥]の一堂 令作『夏の思い出』ですが、なぜこの作品を上演作としてお選びになったのか、ちょっと考えてしまいました。

リアルタイムで観た[青い鳥]の舞台と比べようなどとはもとより思ってはおりませんが、[青い鳥]の作品にも出来不出来はあったと思うんですよネ。それでも彼女達の舞台で感動できたのは、それが彼女達の心の中から、魂の中から生まれ出た舞台だったからだと思うのですが・・・

上演作品を選ぶということは、それが自分達のいいたいこと伝えたいことを充分以上に現しているとか、それを土台にすれば自分達ならもっと素晴らしいものが伝えられるということがあってであり、ただその作品に挑戦してみたいからとか、役のバランスや人数的なものがちょうど良いからなどという稽古台本を選ぶような次元のことではないはずです。

そういったことがもっともっと観ているものに伝わってきたら、今よりも更に面白く楽しい舞台になってくると思うのですが !

 

 

UnitはーふむーんKENJI~銀河鉄道の宴~於下北沢/Sama Sama 2001/07/11  2001/07/12

一年前に別役作品を観たLive Bar Sama Samaでしたがウロ覚えでちょっと道を間違えました。

今年も飲み物はウーロン茶にして前と同じ席へ、しかし今回は私の真横にスピーカーが置かれていたので、ちょっと台詞が聞き取りづらかったかな。

雰囲気の良い店内全部を舞台とした構成は芝居ともマッチした感じでなかなかグッドでした。

このユニット、野上 文さんが出ていないときは観ていないので全部がこんな感じの芝居かどうかは判りませんが、別役もこの雰囲気でやれば良かったのにと言ったら、あれは一年も前だし、ここも初めてだったから・・・と笑われてしまいました。 でも別役の芝居こそ、こんな感じのところで、人々が普通に生活をしているその中での、ホンの日常として演じてみたいなァと思ってしまうのですよ。 パンフには年末にも劇団化するかのように書かれていましたが、こんなスタイルを持った劇団になってくれたらいいな、と思ってしまいます。

 

 

蹴飛ばすイシの行方「ユリア」於新宿/シアター・プラッツ 2001/07/08  2001/07/12

鹿児島の公演から戻って、用事を済ましてからシアター・プラッツへ、この小屋はゆたかからプラッツに改装されてスグに知り合いの尾川止則くんの出演したJ-プロの芝居を観て以来だなァ、などと思いながら席に着きました。

相変わらず歌あり踊りあり亀ありで、ちょっと暗めの話を楽しく観せてくれます。

でも僕の中では、あの最初にケトイシと出逢った『蹴飛ばすイシの行方(再演)』の躍動感、前回の『恋する民宿』の裏切られ感が印象深くて忘れられず、今回のようにラストが死で終わってしまうものはなんだか遠くに感じてしまうんですよね。

僕の心の中ではそれで完結してしまうというか、ああ、やっぱりな・・・というカンジで。

観ている者の心が動きそうなときに、その動きを閉ざされるように断ち切られてしまうと、観客は消化不良に陥ってしまうと思うんですよ。

やっぱりケトイシには人の心の中を根底から揺さぶってくれる芝居を期待してしまうんですよね、それがどんな形であったとしても、です。

でもHP掲示板管理人の七海さんにもご挨拶できたし、芳川さんは相変わらず○○○(好きな言葉を入れてください)だしで、観ていて飽きません、ホント!

 

 

ファントマ「エンジェルダスト」於新宿/シアター・モリエール 2001/07/04  2001/07/04

ここの芝居は遅くなると良い席に座れないので、開場の10分前(それでもすでに32番、平日の昼だよ・・・)に受付を済ませて劇場近くで開場待ちをしました。

楽しく、人を喰った前説が流れ、掴みはOK !このまま開演 !と思ったのですが、開幕までに少し間があいてしまいました。あのまま芝居になだれこんでいたら、ほとんどの観客がそのあとの芝居にノセられていたでしょう、ちょっと残念でした。そんなことしなくても充分芝居でノセられる、という自信があるのかもしれません、事実開演時の大音響と光とスピーディな演技で大半の観客の目は舞台に釘付けになったと思えます。

最初は解かり難いと思える設定も説明らしさを逆手にとった説明が入る頃までには自然と観客の中に沁み込むように仕組まれていますし、随所に仕込まれたギャグも不発であってもそれはそれで面白いように仕組まれていますしね。

中でもニコリともせずにギャグを発する美津乃あわさん(設定でもあるのでしょうが)の持ち味は、うち(游劇社)の看板・藤 一平の狂喜乱舞するローテンションとは好対照で、これもまた笑わせてくださいます。

まだ大阪での公演がありますので、芝居のスジと関係あることは書けませんが、安心して皆様にご紹介できる劇団の一つだとは思っています・・・まあ、感じ方には個人差もありますので絶対とは言い切れませんが、あとはご自分でご覧になって判断なさってください。

 ただ、終演後に表に出たとき(16:55)に、千穐楽(19:00開演)を待つお客さんがすでに30人ほど並んでいたことを付け加えておきます。

 

 

エンジ企画R-Life リメイキングライフ」於中野/MOMO 2001/07/03  2001/07/04

この前MOMOに来たのは何の時だっけなァと思いつつ、思い出せないままに(ヤバッ!少しアルツ入ってきたか・・・)数少ない空席に着きました。

ストレートな芝居で押してくるこの劇団らしく凝った作りの舞台装置が目に入りましたが、ホリがヒダ付きなのは何故?意図的?と思ってしまうくらい違和感がありましたね。 ま、芝居にはいろいろな制約がつきものではありますが・・・

でもこの劇場はいいですね、北口の芸能小劇場や下北沢のOFFOFFよりズッとこの劇団に合っているような気がします、これで奥行きがあと半間あれば今回の芝居、もっと演り易かったでしょうね。

まあ、そんなことは舞台奥の出ハケの時に感じるだけで、芝居のスジとは関係ありませんが・・・

で、芝居の方は最近多くなった[DNA][遺伝子]を核とした話ですが決して奇をてらった内容ではないことが好感をもてましたし、しっかりした芝居創りで伝えたいこともよく解ります。

今回は二人と数少ない女優さん達もそれぞれ魅力的でしたしね、ただ男優陣が皆同じ年代に見えてしまうのは(もしかしてそういう設定?)ちょっと寂しい気がしましたが・・・

でも、こういうストレートな芝居で真正面から押してくれる劇団があるのは嬉しいですよね。

これで、いつもここの芝居で弱さを感じる起承転結の承の部分に細かい起伏がついて観客をグイグイと惹きつけてくれるようになってくれば、ますます面白い存在になってくると思います。

 それにしても開演前に前説でお願いをされているにもかかわらず、携帯をバイブにするだけの人がいたのにはガッカリです、席が遠くて張り倒せませんでしたが・・・()

二人で会話する静かな場面でブブブブ・ブブブブ・・・と響き渡っていました、しかも誰だか判るのがお嫌だったのでしょうか、自然に止まるまで止めようともしてませんでしたね。

あのバイブって意外とデカイ音なんですよね、必ず電源を切るか、さもなければバイブも切れるスーパーサイレントにしてもらいたいものです。

 

 

  激弾BKYU「ジャック・スパイラル」於中野/ザ・ポケット 2001/07/01  2001/07/02

午前中の用事を大慌てで片付けて、どうにか開演の五分前にポケットに到着、舞台奥の大きなプロジェクター画面に生で映し出されている下手壁側の客席に着いて開演を待ちました。

このプロジェクター画面には地下で行われている芝居が舞台での芝居と同時進行で映し出されるようになっているという、映像の好きな酒井くんらしいアイディアの演出となっているのですが、ちょっとウーンという感じがしました。

同じようにカメラでつながっていることになっている屋上の場面は後に舞台上で演じられるんですよね。

でも、地下のほうは画面でだけ。なんだか平面的な画面に映し出されたものは舞台上と違って等身大という気がしないのは僕だけでしょうか? 絵空事のように感じて、客観的に見えてしまうんですよね。

これならいっそ全部映像にしてくれたらいいのに!って、なんだかそんな気がしてしまいます。

最初のほうでは面白い使い方してるかなって思ったんですけどね・・・頭古いのかなァ、僕は。

こういう生中継的な使い方をしている作品にはよく出会うんですけど、なかなか「ウン、これしかないな」という使い方をした作品には出会えません。

どうしても中途半端に感じてしまうんですよね、受けるインパクトの度合いが違うと言うか、質が違うと言うか・・・芝居の良さと映像の良さはもちろんそれぞれにあるでしょうし、組み合わせたいと思うのもムリないこととは思います、だけどそんなに簡単に融合するとは思えないのですが、皆様はどうお思いですか ?

 でも今年の暮れにはBKYUの作品映像化のクランク・インを予定しているとか、ぜひ素晴らしいものにしてほしいと思います。

そうそう、言い忘れましたけど、ポケットの下手壁側の席は避けたほうがいいかも、壁のカーテン越しに楽屋の笑い声(だと思います)が聞こえてきてシラケルことが時々ありました。

 

 

l        倉庫から小窓に帰る方はこちらから