管理人の独白

書き込みフリーの掲示板ができたので、皆様へのお手紙のページになりました。


No.029.

2010/09/12

友野 升太

 

「当 HP 閉鎖・移転の話」

 開設から十年近く、途中での紆余曲折にも関わらずHPのほうは順調にHIT数を刻んでまいりましたが、webページ領域の提供を受けていたinfoseek/iswebさんのサービスの終了にともない、20101031日()を持ちまして infoseek/isweb でのURLでの当HPの表示は不可能となります

そこでヒッソリと新しいサーバに移行することになりました !
現在は移行期間としまして並行して稼動していますが、新しいURLは以前のHPには書いてありませんので、気がつかれた方のみご覧になってください。(笑)

人の好みが多様化する現代で、普遍と思われていた芝居も変化し、観客に魅せる芝居よりも出演者が楽しむ芝居が中心になってしまったようで、芝居が観客から離れてしまったと感じ始めてからもう何年が経ったことでしょうか・・・

表現者として舞台に立つ方にはぜひ、自分の殻に閉じこもらず広い心と多様な角度からの視点で物事を見て、自己満足に陥ることなく観客の心を揺さぶり、芝居を観る者の内になにがしかの影響を与えてくださいますよう、
どうかよろしくお願いいたします。


No.028.

2007/06/20

友野 升太

 

「ブログには書けない話」


"月日は百代の過客にして行かふ年も又旅人也。"


この書き出しで皆様にお手紙を書いてから、もう何年経ったことでしょう・・・

また、暑い夏がやってこようとしています。
地球の温暖化が叫ばれている中で、多少の違いはあれ、春夏秋冬は巡り、時は確実に過ぎて行き、生き続けている人々はまた、この地球のように少しずつ周りの環境に合わせて自分を変え、昔を忘れたかのように生きていくのかもしれません
!

 殻を脱ぎ捨てるかのように、過去を忘れて自分の幸せになれる道を探していける女性が多いこの時代なのに、ただ、歳をとることのない2004年10月6日という誕生日を残した"あいつ"と、2006年4月20日の二つ目の新しい誕生日を残していなくなってしまった"きみ"以外は・・・

"あいつ"に[彼を取らないで !]とメールをしたという"あの人"はその後、他の方と結婚し、幸せに暮らしておいでですし、"きみ"を妹のようだと言っていた"あの人"は今までのご自分のHPやハンドルネームをすべて捨てて、新しい名前とブログでどこかで暮らし、伴侶を旦那様とのたまう女へと変身しました。

それで、幸せに暮らせるのならそれで良いのだと思います。
すでに選ばれることなく他人にされてしまった人間がどうこう言うことでもありますまい・・・

"あの人"が、"あいつ"や"きみ"のことを覚えていなくても、一時の過去をご自分の記憶から消してしまっても、それはそれで良いのだと思います。

生き続けて行く人々には、自分にとって都合の悪い過去を忘れるという機能が必要なのだろうと思いますから・・・

 

No.028.

2005/02/23

友野 升太

 

「ケトイシと激弾BKYUと鳳劇団」

先月末から今月半ばにかけて、なんとかバイトの合間を縫って三つの劇団の公演をみることができました。

 

 一つは以前「蹴飛ばすイシの行方」を観てその作品の魅力に惹かれるとともに芳川優子嬢に刺激を受け、「この人のことを知りたい !」と当時所属していた游劇社の主宰にその劇団の由来を聞きにタイニイアリスに走り、予備知識を仕入れてからパンプルムスに取って返して図々しく看板女優の芳川優子嬢に客演の打診をして、その後a.a.fの公演で無理やり共演したり、ケトイシと改称後の第一作「爆発村けろ子」に出演させてもらったりした[演劇プラン・ケトイシ]の最新作「デューク ! -JOY TO THE WORLD-」。 ぁ、余談ですが「蹴飛ばすイシの行方」のときに魅了されたもう一人の女優さん・天野七海嬢はその後ズッと隠れファンとして拝見してました・・・()

 その一週間後に中野のポケットで観たのが、僕が最初に関わって今の演劇の基礎を形づくってくれた劇団の後輩にあたる酒井晴人くんが率いる激弾BKYUの「BANANA」。

 そして、そのまた一週間後に観ることができたのが、前出の游劇社主宰の鳳いく太氏が旗揚げした鳳劇団の「昭和桃尻姉妹」。

 でも、ここで書きたいのはそれぞれの芝居に対しての批評とか感想ではありません。

もちろん話の流れの中でその作品に触れることはあるでしょうが、そのこと自体を述べたいわけではありませんので、あらかじめご了承ください。

 

 では何を書くのかというと、この三つの劇団の奇妙な一致点と僕が知りうるほんの少しの事柄についてなんですが・・・

ケトイシは前述したように前身の[蹴飛ばすイシの行方]から[ケトイシ]に、劇団BKYUはその前身の[激弾B]があり、そして鳳劇団は25年以上にわたる游劇社の歴史があるのです。

僕が役者として多少関わったのはケトイシと游劇社だけなのですが、乏しい知識なので、ケトイシがその名称に変更された前後の理由は知りませんし、游劇社もその長い歴史の中で何回かのメンバーの変更と活動休止、そして数年前の主宰からの劇団員メンバー全員解雇の期間を経て、番外プロデュース公演の「昭和桃尻姉妹」をもって自分の名を冠した劇団を旗揚げしたという程度にしか知りません。

BKYU[激弾B]として活動していた一時期活動を休止していた時期があり、活動再開のときに激弾BKYUと改名したのですが、実はその活動休止直前の[激弾B]時代は僕はその公演から遠ざかっていました。

それまで、友人の公演会場で久しぶりに再会した酒井くんからDMをもらって何回か[激弾B]の公演を観に行っていたのですが、次第に面白くなくなって…というか荒っぽい芝居造りが嫌になって観に行かなくなってスグ彼は活動を休止し、二年ほど経って[激弾BKYU]となって帰ってきました。

復帰後の酒井くんは本当に良い芝居を書くようになったと思います。

もちろん技術的に向上したということもあるのでしょうが、たぶん彼の人を観る目・人生を見つめる眼が活動休止前より優しくなったことにあるのではないかと思います。

 

游劇社の数年前のメンバー解雇は僕もその手紙を受け取った当事者なのですが、怒りとか焦りというものはまるで無く、受け取ってすぐアリスに居る鳳氏のもとに出かけて行き、「手紙読んだよ、もしまた僕とやりたいと思う本が書けたら、いつでも声かけてね、飛んでくるから !」と伝えて帰ってきました。 本人がやりたくないのならしょうがない、ムリにやらせても良いものができるわけがないと思いましたからね !

でもその後、鳳氏から「一緒にやりたい」という連絡はありませんけどね !()

で、その後何回かの番外プロデュース公演を観ていて、なんだかイマイチだと感じていた鳳氏…「昭和桃尻姉妹」の初演ではかぢゅよちゃん姉妹という役者に寄り掛かっていたような芝居だと思ったのですが、役者の成長や変更とともに、さすがに自分の名を冠した劇団の旗揚げでは演出の意図もキッチリと決めてきました !!

 

 そしてケトイシ…ここ何回かの公演を続けて観ていて、どんどん筆が荒れているのが気になっていたのですが、「デューク !」はなんだか、その前に役者として出演した他劇団の作品の焼き直しのような印象で、僕には感心できる出来には映りませんでした !

でも、そんな作品でも主宰のコラムを読むとかなり多くの人から絶賛の声が届いているのだとか…そして非難の声が届いているということは一言もかいてありませんので、ということならたぶん、僕の解釈と感性が間違っているのだということになるんだと思います。

だから僕には何も言う資格は無いのかもしれませんが、だとしたら彼も終わった芝居に9回もコラムを書くこともないともまた思えるのです。

 

 僕が言いたいことはただ一つ、休みたければ休めばいい、書きたくなったらまた書けばいい、芝居を創りたくなったらまた創ればいい、決めるのは自分なんだし、やるのも自分なのだから !

でも、人間なんて変わっていくものだから、もうやらないなんて決めたり宣言しなくてもいいんじゃないの !?

禁煙と同じで、止めるって決めるからストレスが溜まるし、また吸う時に罪悪感が伴うんで、いま吸わなくても済むから吸わないだけだと思ってれば吸いたくなった時も気楽に吸えるし、吸いたくもないのに無理に吸うこともなくなると思うんですけどねェ・・・

つまり、書いてない時期や芝居に携わっていない時期が、必ずしも芝居から離れているとは言えないと思うし、その時期が芝居に戻った時にムダになるとも思えないんですから !

と言っても、その人次第だと言われれば確かにそうなんですけどねッ !!

 

No.027.

2004/10/16

友野 升太

 

「歳月と時間、そして…あいつ」

月日は百代の過客にして行かふ年も又旅人也。

本当の意味は知りません ! ただなんとなく語感から歳月は止まることなく進んで行き、また時間も休みなく歩み続けているのだと受け取ってはいますが…

そしてあれから一週間、過ぎ行く時は記憶を想い出に変え、泪を溜息に、溜息を呼吸にと変化させていこうとしているようです。

でも、それは決してあいつを忘れるということではありません。 逆にあいつのことを忘れないように、あいつとの間のすべての事柄を心に焼き付けていく時間だと思えるのです。

彼女でも恋人でもなく、友達とも、知人とも、芝居仲間とも定義できなくて、というより、ただ[あいつ]と呼ぶに相応しい存在だった あいつ

あいつもHPのリンクの紹介で

時には、先輩であり友達でありそして、お兄ちゃん・お父さんの様な

優しい(たまにはエロオヤジ)ともさんのHPです。

演劇好きなら行かなきゃ損(笑)

だって役者の本音が聞けるんですよ?

もしかしたら有名役者と会話できるかも(謎)

ってか・・・素晴らしい人だと思います。

ともさんの助言は優しくそして厳しい。

僕の大好きな人です。

と、その扱いに苦慮していたようです()

だから、あいつとの関係は[僕とあいつ]というそれだけで、お互いに共通しているのは[大好きな人]という部分でした、そしてもちろん、ここに[恋愛感情]が入ってないことも共通していました。

あいつと僕が実際に会った回数は数えるほどしかありません。

出会うきっかけとなった学校廻りの劇団の稽古場で56回。 それも実際の学校公演では、あいつが参加したのとは僕は違う班で廻っていましたので、その劇団では稽古場でしか会っていません。

それから一緒に芝居を観に行ったのが一回と同じ芝居小屋で芝居を観ていて出口であったのが一回。

僕が出演した[ケトイシ]の芝居『爆発村けろ子』を観に来てくれたのが一回と池袋で会って食事とスタバで飲み物買って公園で飲んだのが一回。

たぶん全部足しても、あいつの23年と三ヶ月足らずの人生の中で二日間にも満たない時間であろうと思います。

そして、この時間は今後増えることはなくなりました。

台風が接近する中で、あいつはずっと念願としていた大きな翼を手に入れ、台風の風に乗って大空に駆け上っていった ! そんな気がしています。

でも、そんな あいつが、最近僕を守ってくれている、と感じます。

掲示板の泣き言だらけの書き込みを消して励ましてくれた後、つい先日も池袋の大きな交差点で赤信号への代わり端に自転車で渡ってしまおうと飛び出したところ、急にスピードが落ちて、目の前をバイクと自動車が通り過ぎ、僕はそれと並行するように左へ走っていました。

公園でランバフラペチーノを片手に、あいつが言った言葉「この世では一度に一人のとこしか行けないけど、あの世ではみんなのところにいっぺんに行けて、みんなを守れるんですよ !」、その言葉をいま信じています。

あいつの背中の翼は、いま無理に見に行ってもあいつは喜ばないでしょうから、いつか寿命がきたときに見せてもらいます。

そうそう、あいつの気が残っていて、引きずられないように気をつけなきゃって感じてる人もいるみたいですけど、気をつけるのは、それは あいつじゃないってことなんです。

だって、あいつは確かに寂しがり屋だったけど、いま皆に来てもらいたいなんて思っていないし、それどころかみんなを守りたいって思ってましたしね !!

 

 ただ、今まではメールや電話が来なくても、そのうちくるんじゃないかって勝手に期待することができたのに、いまは期待することも許されないのが辛いです。

 ねぇ、家族でも、恋人でもなく、言葉も残してくれない間柄であっても、残された人間は辛いんだよ !

いま生きている皆さんにお願いします、あなたを大事に思っている人が必ずいます ! その人のために生きろというんじゃありません、でもどうか、あなたが死にたい気持ちになったときは、誰かと話してください。 例えばあなたが死んで欲しくないと願う人がいるならそのかたに・・・家族でも、友人でも、誰でもいいから話してみてください !

 お願いだから、もう自分勝手に死なないでください !! ・・・お願いです。

 

No.026.

2004/05/03

友野 升太

 

「圧制と占領」

ファルージャから一部の海兵隊が引き上げ、代わりにイラクの統治軍が入ることになったそうですが、現地ではこの統治軍に入りたいというイラク人が多勢居るそうです。

しかし、その大半がイラクを立て直したいというよりも支給される一月一万六千円ほどの手当てが目当てだとか・・・

仕事が無いというのがイラクの現状なのでしょう、米大統領が戦争終結を宣言してから一年、本当に戦争が終わっていたのなら、なぜそんなに仕事がないのでしょうか、戦争が終わってからの一年間、米軍や英軍はイラクで何をしていたのでしょうか ? そして、復興支援という名目で行った日本の自衛隊は、本当に一部の都市の住民たちに飲み水を配るだけでよいのでしょうか ?

一年前、アメリカの大統領は「これでイラクの人民はフセインの圧制から開放される。 今後彼らには拷問室も横暴の恐怖に怯えることも無くなる」と言い放ちました。

それから一年経った今、報道されたのは平和になったイラクではなくて、戦闘の続くファルージャの様子と、現地の人たちから占領軍と呼ばれる米・英軍のイラク人捕虜に対する虐待の実態でした。

米大統領は「イラク人の拘束者たちが受けた扱いには強い嫌悪感を共有する。こうした扱いはごく少数者による行為だ」と述べたそうですが、解放軍を名乗るのであれば、決してあってはならないことだと思います。 他人に対する宗教や習慣などの理解の無さと、自分たちが解放してやるのだという思い上がりが、その国の全ての人たちに

> バグダッド北東部で商店を営むセッタさん(29)は「テレビで恥ずかしい格好をさせられた人の写真を見て、米軍の目的はイラク解放ではなく占領だったとはっきり分かった。米軍は完全に信用を落とした」と話した。

とか、

> 近くに住むアフメドさん(40)は「(イスラム教)スンニ派、シーア派、クルド人ら宗教・民族にかかわらず、あらゆるイラク人はあんな侮辱には耐えられない」と話した。アフメドさんの子供3人は、米英軍の占領以降、学校接収や道路封鎖で通学できない状態が続いている。米軍の包囲作戦が続いた中部ファルージャに住む親類宅3軒も米軍の攻撃で粉々に破壊されたという。アフメドさんは「米軍が行ってきたことすべてが侮辱だ。米国によるイラク復興など幻だ」と話した。

 

と、いう報道もされるような気持ちを起こさせてしまう原因になっていくのだと思います。

 

どうか皆様、米大統領の戦闘終結宣言後に戦死した米兵の数は、終結宣言前に戦死した数の四倍以上にのぼっていること、さらにイラク国内には、それをはるかに上回る数の報道されていないイラク人の犠牲者がいることを、忘れないでください・・・

 

No.025.

2004/01/14

友野 升太

 

「世の中変わる ?!

二十一世紀になってからの世の中の変化は実に早く、いろいろなものが無くなっていたり変わっていたりするのに気がつくことが多くなりました。

前に[コラコラコラム]でちょっと書いたこともありますが、DVDなどもその一つ。

規格がいろいろある上に、同じ種類でも細かい設定でDVDレコーダーとPCでは互換性が無かったりとか、PCの性能やソフトの違いで満足に再生できなかったりとか・・・あいかわらずのブラックボックスぶりで、専門の知識を持った人間にしか使いこなせないのに、見せかけの価格だけは下がって誰にでも手が届くような錯覚を起こさせてみたりしてます。

でも、安いの買って使い物にならないことに気付いて、結局高いのに買い換えなくちゃダメだったりするんですけどね !

 携帯電話もどんどん進化していますよね、今ではカメラの付いていない携帯買おうとすると、らくらくフォンと命名された物しかなかったりして・・・

で、搭載されてるカメラもドンドン性能がアップしてきて200万画素オーバーまで上がってきちゃってるし・・・そのせいかどうかは判りませんが、一時期盛んに売られていたトイカメラがどこにも売っていなくて !!

もともと最初の頃の携帯に使われていた35100万画素程度のものをカメラの機能だけにして売っていたような物なので、携帯搭載カメラの性能が上がってきたら必要ないのもわかりますけど、寿命は短かったですよね。

で、デジカメ自体は最低でも300万画素になっちゃって、価格も二万円以下のものは無くなって、四万円前後の高値安定になってしまったし !

 どなたかの景気高揚策のせいかどうかは判りませんが、一時期流行った価格破壊というのが薄れてきているように思います。

送られてくる芝居のDMでも、前は小劇場で20002500円がほとんどだったのに、今は25003000が普通みたいですし・・・

先日報道されてた韓国での日本人アーティストのCDやドラマの解禁にしても、韓国製のCDは日本の半分ぐらいの価格だから、これが日本に逆輸入されて国内のCDの価格が乱されないように一刻も早い法整備を大手レコード会社八社が望んでいるとか・・・

 本当は安く売ることが可能なものに高い価格付けて、消費は拡大してる、景気は回復してるんだ、って言われてもねェ・・・

 

No.024.

2003/4/14

友野 升太

 

「投票率と得票率」

東京の都知事選が終わり、結果は案の定心配していた通りにおさまってしまい残念な限りです、調子に乗った当選者がその独善体質に磨きをかけなければ良いがと願うばかりですが・・・

70.21%の得票率で圧勝などとマスコミが煽り立てるものだから、すでにその気になっている当選者を見ていると心配の種はつきませんね。

だって、これは投票した人の中で彼に投票した人数のパーセンテージなのであって、全有権者のではないのですから !

投票率44.94%70.21%ということは全有権者の31.55%でしかないのです、68.45%の人間は彼に投票してはいないのだということも、しっかりと認識して都政にたずさわっていってほしいものだと思います !!

 まぁ、東京に住み、同じように税金を納めていながら投票権を与えられていない外国籍の人たちにちゃんと投票させたらきっと違う結果がでたでしょうが、そんなことさせるわけもありませんものね !!()

 

No.023.

2002/7/23

友野 升太

 

「爆発村けろ子」

 芝居の前半で登場人物をハッキリと色分けすると共に、観ている客までをもクッキリと色分けしてしまうこの芝居は、全ての観客を最後までひきつけていこうという今までの芝居の作り方とは正反対の創り方だったと言えるのではないでしょうか、たぶん今までの芝居の作りを見慣れた方にとっては違和感と不親切さが目に付いた芝居に映ったことだと思います。

でも、それを乗り越えて最後まで観てくださった方々には、きっとこの芝居の真意が解かっていただけたものと思います。

もうすぐ爆発する村とまだまだ爆発しない村、そのそれぞれの村にすむそれぞれの村に相応しい人間たち、そしてどちらの村が自分に相応しいのか判らないままに、もうすぐ爆発する村にやって来てしまうけろ子。

芝居の中ではそのどちらの人間が正しいとか間違っているとかは、決して言ってはいません、まあ、かなり爆発する村寄りではありましたが・・・

それ故に、いまこの世に生きている多くの人たち、特に体制に組み込まれていることを当たり前と思っている人達、そのことに何の疑問も感じていない人達にとっては、きっと御自分の行き方を否定されたような嫌な気がしたことでしょう。

そういう人達をも芝居に取り込んでしまう創り方も確かにあったかもしれません。

しかし僕は稽古中、敢えてそのことを口に出しませんでした。

自分の生き方に共感する部分があったこともそうなのですが、それ以上に、こんな風に観客を選ぶ芝居が一つぐらいあっても良いのではないかと思えたことが大きな理由でした。

 芝居って観る人によって受け取り方が違うのはしょうがないとは思うんですけど、この芝居ほど観た方の生き方、立場、環境、個性、生い立ち、考え方などで、両極端に分かれる芝居は少ないように思いましたね。

事実、いろいろなご感想・御意見を当日のアンケートを始め、[あなたの観客席]やその他のところに書き込んでくださる方が多勢おいででした。

あなたにとってこの芝居はいったいどのように映りましたでしょうか。

 

No.022.

2002/5/17

友野 升太

 

「情けない話・その弐」

 あまりに情けない国会の暴露合戦にもう何も言う気もなくなっていましたが、こんどは中国の日本総領事館での情けない出来事。

あまりの事なかれ主義、自分本位、臭いものにフタの日本的官僚の姿勢に開いた口が塞がりません !!

領事が「亡命者が来たら追い返せ、関わりになるな」と言ったことを知ってか知らずか、「中国の言う事と自分達の国の人間の言う事とどちらを信じるのだ!」と激高して声高に喋る総理大臣の姿を見て、「信じられることをしてこなかったのは自分達だろう、あんたは言外に中国人は嘘つきだ、信じるな ! と言ってるんだよ」と思ったのは私だけでしょうか。

 嘘と言い訳だらけの外務省の報告書、亡命者たちが必死で差し出した救援要請の手紙を英語が読めないと突き返したという領事館員、それを信じろというのなら英語も読めない人間をそんな重要なところに派遣するようなバカなマネをしたヤツの責任はどうするんだと言いたくなる !

こんなバカなことを繰り返しながらも自分達のミスを正当化しようとして、全責任を相手側に押し付けようと悪あがきする情けない日本の姿勢を見れば、「日本は信じられない、日本の引き渡し交渉には応じない」と中国側が態度を硬化させてしまうのも当然と言えるのではないでしょうか !!

でも、あの亡命者たちは中国側に取り押さえられて正解だと思いますよ、確かに北朝鮮との国交を大切にしている中国ですが、中国側は彼らを北朝鮮に引き渡す事はしないと思います。 彼ら中国の人たちには日本の官僚や政治家と違って、自分達の中に人間としての誇りと人命尊重に対する信念がありますもの。 そして、「亡命者は追い返せ」と言ったA領事のご心配も今後は無用になることでしょう、だって亡命をしたいと思う人間は今後一切、日本の領事館や大使館には駆け込まないと思いますもの、今回のことで亡命者に対する日本の情けない姿勢が明らかになってしまった以上はネ !!

 

No.021.

2002/1/31

友野 升太

 

「情けない話」

輸入牛肉を国産と偽って処分していたという食品会社のウソが明らかになったと思ったら、今度は一人のウソのために外務大臣が更迭されるという騒ぎが起こってしまいました。

もともと今の総理大臣には何の期待もしていませんでしたので、ガッカリもしませんが、やっぱりなぁという情けなさでいっぱいです。

言った事を言っていないとウソをついた本人が辞めるのはとうぜんのことでしょうが、その人がウソを吐いたために本当のことを言った人間が嘘つきにされ、もう一人の人間はさらにウソを吐き続けなければならなくなってしまったようです。

しかし、ウソを吐き続けた人にも多少の良心が残っていたのか、予算委員会の場でも肝心のところはボカシテいたために更に曖昧模糊となってしまいました。 

画面で見ていても誰がウソをついているのかは一目瞭然でしたし、誰もが真実を知っているだろうに、誰もそれを口にできないという政治の世界が情けないと思います。

 結局、喧嘩両成敗というキレイな言葉で言っていますが、本当の両成敗とはうやむやにしたままで両方に罰を与える事ではなく、原因を作った者とそれに乗せられて相手をした者とその原因・経緯を明らかにし、それぞれに相応しい罰を与えるということであって、今回のような決着を両成敗とは言いません。

肝心な点を曖昧にしたままの今回のような決着のつけ方は「臭いものにはフタ」と言うべきで、まさに自民党的決着方法です。

 今回のことで一番バカをみたのは総理の「痛みを伴う聖域無き構造改革」という言葉を信じて本気でそれに取り組んでしまった外務大臣だったのでしょう、まさに「正直者はバカをみる」という格言どおりです。

まあ、総理の言う「痛みを伴う聖域無き構造改革」とは国民にその痛みを押し付けるための言葉であって、自分にその痛みが降りかかるときはまず己の保身を考える、後見人とかいうおかしな人間に何か言われるとそれを抵抗勢力だと撥ね返す事などできないという、あくまでも自民党のいままでの構造を改革するというほどのものではない、総理にとって聖域以上のものがあるのだということを感じ取れずに一生懸命になってしまったのですから、しょうがない結果ともいえますが・・・

それにしても、事あるごとに「抵抗勢力が、抵抗勢力が・・・」言っていた総理が、本当の抵抗勢力は己の内にあるのだと気付いていないということが何より情けない話だと思います。

 

No.020.

2002/1/1

友野 升太

 

「新年」

明けましておめでとうございます !

この新しい年が平和で穏やかな世の中の第一歩となりますように・・・

911日を境に、遅ればせながら一般の人たちの間にも「何が起こっても不思議でない」という認識を持たせた2001年でしたが、そうなるとそれまで流行っていた「癒し」などという言葉はアッと言う間にどこかへ飛んでいってしまったかのように使われなくなりました。

何かあると一斉に同じ方を向いてしまう日本のマスコミの悲しさでしょうか・・・

もちろん、勝手に他人の命を奪うなどという犯罪を許すわけには行きません。

しかしそれを理由に正義という名の下に無関係な人間まで巻き込むような報復までをも認めるなどという愚挙を犯すこともまた、あってはならない事だと思うのですが。

憎しみや悲しみは報復によってしか晴らせないのでしょうか?  報復をすれば悲しみや憎しみは消えるのでしょうか・・・

 

No.019.

2001/12/29

友野 升太

 

「クリスマスに」

[小窓の掲示板]に書き込みをしてくださろうとした皆様、接続障害のために表示もできず申し訳ありませんでした。

クラッキングによるサーバーの接続障害だとかで、今までのログがバックアップも含めて全て削除されていて復旧できないと、サーバーをお借りしている[いるかBBS]さんのほうで判ったのが障害発生から五日目のことでした。 その後のいるかさんの対応は素早く、前よりも安定したサーバに新設させてくださいましたので、今後は入れないという事も少なくなりそうです。

結局、1367まで行った[小劇場の小窓]も、1700まで行った[小窓の掲示板]も、また0からのスタートとなってしまいました。

しかし今の世の中、他人に迷惑をかけることを目的とする行為や犯罪が横行しているのには困ったものです。 自分の欲望、欲求を満たす為であったとしても許されない事だと思うのに、ましてや他人の困った顔を見たいとか、困っているのを想像すると楽しいとかいう動機だけで愚かしい行為に走るとは・・・

ウィルスをばら撒いてる連中も同じ気がします、中にはそれがコンピュータを発展させるとかソフトの開発に役立っているとかいう的外れの事を聞く事もありますが、とんでもない話です。 そんなことが無くたってコンピュータは予想外のスピードでに発展していくでしょうし、ソフトだってその同じ時間と費用でもっと有用なものを開発していけると思いますから。 そしてなにより、端末に居る何も解らない貧乏人の私のような人間がなけなしの金を本来なら買う必要の無い高い駆除ソフトに回さざるを得ず、本当に買いたいものを後回しにしなくてはならないという腹立たしい結果になってしまうのです。 その点でも他人に対する優しさや思い遣りはやっぱり必要なのじゃないかと思いますがね・・・

 

No.018.

2001/12/25

友野 升太

 

「新しい掲示板の」

調子はいかがでしょうか?

軽く動いて、書き込みもし易いと思うのですが・・・もし他にもこんな掲示板があればいいなというご意見などがありましたら、是非お知らせください。

現在、ちょっと接続障害の多い[小窓の掲示板]のほうはお借りしている[いるかBBS]さんのほうで安定したサーバに移設してくださるそうですので、今後は入れないという事も少なくなりそうです。

世の中は、若者に自らの命を投げ出させて何千人の命を奪うテロを起こさせておきながら最後は逃げ回り身を隠したり、投降するから自分の身の安全を保障しろと言う指導者や、その指導者たちを捕らえるという名目を用いて報復のために無関係な人間や子供たちまで巻き込む爆撃を正義と叫び兵隊を送る大統領、そしてその後にも起こっている自爆テロを卑劣な犯罪と声高に叫ぶその口で特攻兵の手記に涙したと語る宰相やそれを賛美する輩などが溢れ、人はやはり自分勝手な己の立場やメンツでしか物事を見られないのだろうかと思い知らされた一年でした。

それでも[平和のオアシス]という小さな村がイスラエルにあり、そこではユダヤ人とアラブ人の若者達が半数ずつの学校を作りお互いの考え方や生活習慣の違いを理解していこうという試みが始まっているとか・・・

それぞれの違いを否定するのではなく、その違いを認め合っていけるようになれば、今よりも争いは減っていくのではないかと、僕もそう信じ、またそうなるよう願っているのですが・・・

 

No.017.

2001/12/1

友野 升太

 

「とうとう」

住み慣れたFREECOMさんの領域から新しいwebサーバ[infoseek isweb]さんの領域に移転してきました。 もうURL、お気に入り、ブックマーク、並びにリンクのアドレスなどのご変更はお済みでしょうか?

20011225()13:00を持ちましてFREECOMURLでの当HPの表示は不可能となりますので、どうかお早めに変更なさってください。

 

リニューアルとかは特にしていないのですが、掲示板をいくつか増やしてみました。 いかがでしょうか ?

もし不具合とかがありましたら小窓の掲示板かメールにてお知らせください。

どうか今後ともよろしくお願いいたします。

 

No.016.

2001/11/30

友野 升太

 

「やっと」

開設から七ヶ月近く、HPのほうは順調に1300というHIT数を刻むことになりましたが、webページ領域の提供を受けていたFREECOMさんのサービスの終了にともない、新しいwebサーバ[infoseek isweb]に移行することになりました。 現在は移行期間としまして並行して稼動していますが、20011225()13:00を持ちましてこのFREECOMURLでの当HPの表示は不可能となりますので、どうかお早めにURL、お気に入り、ブックマーク、並びにリンクのアドレスなどのご変更をお願いいたします。

移行先URL:http://isweb38.infoseek.co.jp/art/tomono-s/

なお、私のメールアドレスはfreecomとなっていますが、こちらはそのまま使用できるそうですので、HPURL変更だけで大丈夫です。 どうかよろしくお願いいたします。

 

 

No.015.

2001/10/10

友野 升太

 

「とうとう」

開設から五ヶ月、HPのほうは順調に皆様にご来場をいただいていますが、とうとう世界は哀しい方向へと動き始めてしまいました。

先月、犯罪者の企てに乗せられて参戦を正当化するようなことがあってはならない、これ以上のどんな犠牲者も出ないことを願ってやみませんと書きましたが、やはりその危惧が現実のものとなってしまいました。 指導者という名に隠れ、自らは安全なところに隠れて自分を正当化し大言壮語する卑怯者の偽善者の言葉を信じて命を落としてしまう人たち、そして自分達の意思に関わらずに心と体を傷つけられていく人々。 この世界の人々が違う神を信じ、違う言語を使ってそれのみに頼ろうとし、またそれを利用し、煽動しようと虎視眈々と狙っている悪者達がいる限りは戦いというものは無くならないのかもしれません・・・悲しいことですが。

全ての人間が信仰を捨てて同じ言語で通じ合うことができなければ、そして欲望の虜にならないことができなければ、争いや戦いは無くならないのでしょうが・・・

 

No.014.

2001/09/19

友野 升太

 

1000HITオーバー」

開設から四ヶ月、おかげさまでようやく延べ1000人のお客様のご来場を数える事ができました。 先月どこぞの首相だか総理だかが不戦の誓いを新たにすると言っていた日云々と書き、潜在的な戦争に向かう恐ろしさを禁じえないと書いたつもりでしたが、このひと月の、いやこの一週間の情況はその危惧を現実の方向へ導くかのように流れていて、その恐ろしさはますます度合いを深めています。 

いま起こっているこの事態を他所の国での他人事と片付ける気は毛頭ありません、しかし憎しみは人の目を曇らせます、以前日本国内で起きたデマと憎しみによるアジア系外国人に対しての殺戮、それと同じことが現に米国内で起こってしまいました、頭にターバンを巻き、顎鬚をはやしていたというだけで・・・それこそがテロという言葉に隠れて無差別大量殺人を引き起こした殺人犯どもの狙いであり、その蔭で金儲けをも目論んでいる卑怯者の首謀者のたくらみなのです!

その企てに乗せられて参戦を正当化するようなことがあってはならないと願っています。 そして一刻も早く、一人でも多くの方が救出され、これ以上のどんな犠牲者も出ないことを願ってやみません・・・黙祷

 

No.013.

2001/08/15

友野 升太

 

「八月十五日」

どこぞの首相だか総理だかが戦没者の霊が祀られている神社を参拝して、慰霊と不戦の誓いを新たにすると言っていた日です、結局前倒しして十三日に行ったようですが、なんだかおかしな気がします。 戦争の中でその意思にかかわらず命を落とされた日本国民の戦没者の霊を云々、というようなことを仰っていましたが、それなら自分の意思に反して海外の母国から強制的に連行されて、この異国の地で命を落とされた方々や現在もその過去に苦しんでいるの方々に対してこそ、慰霊や謝罪をし、不戦の誓いを表明すべきだと思うのですが・・・

それになぜ敗戦の日なのでしょうか? なんだか負けたからもうやらないと言っているように思えます、勝っていたら某大国のようにまた首を突っ込んだようにも思えます。 もしそんなことはないと言うのでしたら十二月八日にこそ「60年前に私達はとんでもない事をしました」と表明すべきなのではないでしょうか、もちろん近隣アジア諸国への侵略はその前からあったのでしょうが・・・

それらがすべて終わったのが八月十五日なのだということも判りますが、「それほど反発を受けるとは思わなかった」という言葉が出たのが信じられません、自分の国がやった誤った行為を認識していないということなのでしょうか、それとも誤った行為だと思っていないのでしょうか・・・

なんだか元文筆家でありながらその言葉にそんな意味があるとは認識していなかったと言い訳をしたどこぞの都知事と共通するものを感じて、恐ろしさを禁じえません。 

 すべての戦争の犠牲者の方のために 合掌 !!

 

No.012.

2001/08/11

友野 升太

 

「三ヶ月目です」

ええ、可愛い盛りで・・・えっ、子供? いやいや、違いますよ、このホムペですよ!!^_^;

おかげさまで今月中には800Hitを超えそうです。(掲示板の方は姉御さんによって昨夜超えたようです)m(__)m

たいしたPRもしていませんので、急速なノビなどは無いと思いますが、まあお越しいただいている方を大事にしつつ、相変わらず言いたいことを言っていけるHPであり続けたいと思っております。

どうぞ皆様も他ではチョット言えないけど、誰かに言いたいッ!!・・・ということがありましたら、ご自由に掲示板をお使いになってください。

ここは本音で話し合えるHPを目指してまいりますので・・・

 

No.011.

2001/08/03

友野 升太

 

「暑中お見舞い」

あっついですねぇ、[言うまいと 思えど夏の 暑さかな]というやつですね。

この暑さをものともせず芝居の稽古や映画の撮影、番組の録り、そしてバイトや仕事にと皆様汗を流していらっしゃる事でしょう。

稽古場では暑さなんて気にならないんですよね、不思議ですけど・・・

芝居の稽古が無いと落ち込んでしまう特異体質になってしまったようで、稽古場に居ないとイライラしてしまいます。

私も稽古で冷や汗をたくさん流してダイエットに励むことにいたしましょう。

 

No.010.

2001/07/27

友野 升太

 

「よくある事?!

夜は新宿のモリエールで芝居を観ようと開場時間に行ったら、表に公演延期の張り紙が・・・ウソでしょ!と思いながら受付で聞くと、台本が上がらなかったとか、全く何を考えてんだか・・・

長い稽古期間の間、なにやってたんだ!!

そりゃ書いてる側にも言い分はあるだろうけど、遠くから楽しみにして劇場まで来た人達はどうするんだ!

芝居って、できなかったから止めますって程度のものだと思われてもいいのかい?!

そりゃ僕だって口で言うほど素晴らしい芝居を創れてるとは思ってないさ、観た人の中には、あいつはエラソーなコトばかり言ってるけど芝居はたいしたことないよ、って思われてるかもしれないさ、でも投げ出すのだけはよそうよ、お願いだからさ!!

よくあることかも知れないけど、あっちゃいけないことだと、思うから・・・

 

No.009.

2001/07/24

友野 升太

 

「ふぃーーい!!

[青い鳥]の一学期公演も22日の平塚子ども会の公演で無事に終了しました!!

この夏はクロイツの音響と二学期に向けての稽古で結構忙しそうです。

『ハックルベリー・フィン』でもジム役から他の役に挑戦することになり、月末の稽古までに台詞を入れておくことになりました。

いやー、台詞覚え悪いから、また皆に迷惑をかけてしまいそうですよ。え、判っているなら今から頑張れと!? そのとおりですね、こりゃぁPC何ぞいじっている場合じゃない! しっかり覚えて行かないと・・・p(゚-゚)q

 

No.008.

2001/07/20

友野 升太

 

「あぢーーぃ!!

昨日宮崎での公演を終えて無事に帰ってきました。今学期も残すは明後日の平塚公演だけとなり暑さを忘れて今日、明日のハック平塚バージョンの稽古に汗を流そうと思っていますが、それにしても暑いですねぇ!!

まあ、暑い暑いと言っていても涼しくなってくれるわけでもありませんので、さっさと稽古場に行ってしまおうと思っていますが・・・この辺り諦めいいんですよね、O型だから()

実は忙しくてまだクロイツの稽古場に顔を出せていないんですよね、小池さん申し訳ありません! m(__)m

平塚終わったらスグに駆けつけますんで !!

やっぱり海とプールと花火には縁が無さそうだ!!(T_T)

 

No.007.

2001/07/13

友野 升太

 

「梅雨明けッ!!

先週、雨の鹿児島で公演をしている間も東京はものすごい暑さだったと聞いていましたが、確かに帰ってきてからの暑さは梅雨じゃないでしょ!と口走るほどでした。

 皆様に支えられて二ヶ月と少し、本日中にも444のゾロ目を迎えられるのではないかと思います。

もちろん一ヶ月で1000Hitオーバーなどという姉御さんや優也ちゃんの iモードHPとはくらべるべくもありませんが、書きたいことを書き、言いたいことを言いながら、少しずつでも皆様に観ていただけたらなぁ、と思っています。

劇団KreuZの稽古も始まりましたし、青い鳥の方も新作の前にハック平塚バージョンの稽古がありますしで、また楽しく過ごせそうです。

夜の稽古が多いので、芝居を観に行ける時間が減ってしまうのは残念ですが、そんな贅沢を言っていたらキリがありませんからね。

しかし、今年の夏も海とプールと花火には縁が無さそうです!(行きてーッ!!)

 

No.006.

2001/06/22

友野 升太

 

「しばしオフ !

ちょっとタイトに詰まっていた一学期の公演も一段落し、四日間のオフがもらえました。

ひさびさにこのHPをあけてみたらなんと250名様を迎えようとしています。

おかげさまで、掲示板のほうも150名様を迎えようとしていますし・・・

だのになかなか更新できずにすいません、26,27日の公演が終わればしばらくは暇ができると思いますので(七月も公演あるとは言われてるけど六月ほどではないと思います)、ネットライフしますよ、シゲマツさん!(掲示板参照です)

芝居のほうも知り合いの方の関係劇団が結構公演しますしね。(しかしまあ、なんで皆さん申し合わせたように同じ時期に演るかねェ!)

できるだけ都合をつけて(時間もお金もね!!)観せていただこうと思っています。

有無を言わせぬ芝居を期待しています。(^.^)

 

No.005.

2001/06/09

友野 升太

 

「掲示板ができました」

開設からちょうど一ヶ月、ご来場もようやく150名様を迎えようとしています。

おかげさまで、いるかねっと様に掲示板をお借りできましたので早速登場させてみました。(^o^)丿

この掲示板は携帯からでもアクセスできるそうです、まだ試してないけど・・・

どうぞ皆様[掲示板]をクリックしてご自由にカキコしてくださいね。

それに伴って、このページは[管理人の独白]と変更させていただいて、ノンジャンルでその時々に自分の思ったこと、感じたことを皆様へのお手紙の形で書かせていただこうと思います。

したがって何の話が飛び出すか判りません、それでなくても支離滅裂なHPですが、どうか今後ともよろしくお願いいたします。

 

No.004.

2001/05/29

友野 升太

 

「アハハハ・・・」

ウッカリして自分でキリ番踏んじまった !(>_<)

福島での公演が別班の担当になったので、昼前にサウンドをお借りした方々のBBSにお礼の書き込みをしていて、ログオフした途端に自分のHPに飛んでしまいました。

ああっ!と思ったときはすでに「こんにちはっ!」の声が響いたあとで・・・IEの標準のペ−ジを自分のHPに指定してあったのが失敗でした。

せっかく皆様からメールをいただけるチャンスだと思っておりましたのに・・・

というわけでできるだけ早い機会にBBSを設置しようと思っています、皆様、お薦めのBBSがございましたら、ぜひお報せくださいね。

どうぞよろしくお願いいたします。m(__)m

 

No.003.

2001/05/25

友野 升太

 

「まもなく100人目」

早いもので開設してから二週間が経ちました。

その間に80(524日現在)の方にお越しいただき、この拙いHPの管理人としましては本当に感謝観劇、いや、感激でございます。 (T.T)v

このスピードが速いのか遅いのか、僕にはまったく判りませんが、カウンターの数値が100に近づきつつあることだけは確かですので、ご来場の皆様にお願いがございます。

どうか100番を踏んだ方、メールにて実況中継をヨロシクお願いいたします。

掲示板にupが前提ではありますが、ダメだったらメールだけでも良いですから。

だっていつ頃だったのか、どんな方が踏まれたのか、気になりますよねェ。

え、それって気になってんの僕だけですかァ・・・

ホントは100番だけじゃなくて、観てくださった方皆さんが気になっているんですけどね。(^^

 

No.002.

2001/05/12

友野 升太

 

「直してみました」

早速ご覧いただき、また、色々なアドバイスや励ましのお手紙をいただき、ありがとうございました。

ご指摘をいただいた箇所を何ヵ所か修正してみました。

まだまだ修正すべき所に技術と知識が追いついていませんので、時間のかかるところもありますが、ぜひまたアドバイスをお願いいたします。

京都・遊劇体HP管理人のしげまつサンや、あやサン、sallyさん、そして出張教授までしてくれると言ってくださったaaFHP管理人のryujiさん、本当に感謝しております、ウルウル・・・(T.T)v

今後ともヨロシクお願いいたしますだ。

 

No.001.

2001/05/10

友野 升太

 

「ありがとうございました」

初めてのホームページをご覧いただきありがとうございました。

パソコン初心者の私がホームページを作ってしまうなんて、本当に無謀な事だとは思いましたが、やってみなければ何も始まらないという主義ですので、とりあえず作ってみました。

まだ何も判っていませんので、おかしなところ、見にくいところなど沢山あると思います。 ぜひご意見・ご希望・アドバイスなどをメールにてお寄せください。

インターネットが普及していない十数年前にワープロでパソコン通信をしていた頃とは全然事情が違っており、世の中の進歩の速さに少しでも追いつこうともがいているというのが実情です。

Niftyの会員だった頃はよく演劇フォーラム・模型フォーラムに出没していたのですが・・・

演劇フォーラムのシスオペだったARIさんお元気でしょうか?

模型フォーラムのOFF会でお会いした皆様いかがお過ごしですか?

もし何かの縁でお越しいただきましたら、ぜひメールでもお寄せください。

 

ご来場ありがとうございました

この場を芝居仲間との情報交換やコミュニケーションにも使っていけたらいいなァと考えています、公演情報などもぜひお寄せください。

このHPWord2000で作成しました、不都合などがありましたらご連絡を。

パソコン初心者なので判らない事がたくさんあり、試行錯誤の連続で、失敗することも多いと思いますがどうかご容赦のほどを・・・m(__)m

三日坊主にならないよう気をつけながら内容を充実させていきたいと思っています。どうぞ今後ともよろしくお付き合いください。

まッ来っねー!!